[Unity]Androidライブラリ(.aar)を組み込んで呼び出す方法を解説

Unity

 UnityでAndroidアプリを開発する際、Android固有の処理を実行したくなることがあります。このような時、Android Studioで作成したライブラリ(.aar)をUnityに組み込んで実行することが手段の一つとしてあります。今回は.aarとしてビルドしたライブラリをUnityに組み込んで関数コールする方法について説明します。

 ライブラリの生成手順については、以下の記事で説明しています。

 Unityプロジェクトはこちらで使用したものを使います。

Goal

UnityにAndroidライブラリを組み込み、実機上で動かす!

Unityで作るiPhone/Androidアプリ入門 | 山崎 透, 野口 基之 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで山崎 透, 野口 基之のUnityで作るiPhone/Androidアプリ入門。アマゾンならポイント還元本が多数。山崎 透, 野口 基之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またUnityで作るiPhone/Androidアプリ入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。




Assetsへライブラリを追加する

 事前に作成したライブラリファイルをUnityのAssetsフォルダに格納します。左下のProjectというTabを選択してPlugins>Androidというフォルダを作成しておきます。

 作成したフォルダにこちらで作成したAndroidライブラリを格納します。ファイルはドラッグ&ドロップで格納できます。コピペでは無理のようです。またライブラリを更新する際は一度deleteしてから更新するようにします。

 これでライブラリの追加は完了となります。

C#コードにライブラリコールを実装

 C#のScriptからライブラリをコールする処理を追加します。すでにButtonに追加されているButtonScrを開きます。Button Objectを選択して、InspectorのScriptをダブルクリックでEditorが開きます

 以下のようなコードを使用しました。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class ButtonScr : MonoBehaviour
{
    private AndroidJavaObject _javaClass = null;
    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        _javaClass = new AndroidJavaObject("blog.hirokuma.toastlibrary.ToastLib");
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        
    }

    public void OnClick()
    {
        if (_javaClass != null) {
            /* AOIメソッド名,引数1,引数2・・・ */
            _javaClass.Call("outMsg", "Test");
        }
    }
}
  • Start()でライブラリを初期化
  • OnClick()でボタンが押されるたびにライブラリ関数outMsgを引数”Test”で関数コール

 ライブラリの初期化はAndroidJavaObjectの引数にパッケージ名.class名を指定します。関数コールはAndroidJavaObjectインスタンスのCallメソッドで行います。呼び出したい関数を文字列で指定し、引数がある場合はそれに続いて引数を入力します。

アプリのビルド

 アプリをビルドします。まずFile>Build Settings..を開いて、PlatformがAndroidとなっていること確認し、左下にあるPlayer Settings..を開きます。

 メニューのOther SettingsのMinimum API Levelにライブラリの際に指定しているAPI Levelを設定します。ライブラリのAPIレベルは以下のようにAndroidのビルド環境にあるbuild.gradleから確認できます。

 ここではminSdkVersionが23となっているので、Unity側にも23を設定します。

 設定は完了したので、元のBuild Settings..に戻ってビルド、実行してきます。

 これでビルドは完了です。実機での実行を見ていきます。

アプリの実行

 ボタンを押すと以下のようにAndroidのToastが出力されれば成功です。

まとめ

 今回はUnityアプリからAndroidのライブラリ経由でToastを出力するサンプルを解説しました。この記事をまとめるにあたり、ライブラリのビルドが成功しない場合や、ビルドは成功するが実行できないトラブルにも多々遭遇しました。以下にその一例と解決方法をまとめておきますので参考になれば幸いです。

ビルドが成功しない時
  • Androidのbuild.gradleが正しく記述されているか
  • Unity、Android双方のMinimum APIレベルがあっているか?
アプリが起動しない、関数が実行できない時
  • 正しくライブラリが実装できているか?.jarファイルの置いてい有る位置は正しいか?
  • ライブラリおよび関数コールの引数文字列は正しいか?
Unityで作るiPhone/Androidアプリ入門 | 山崎 透, 野口 基之 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで山崎 透, 野口 基之のUnityで作るiPhone/Androidアプリ入門。アマゾンならポイント還元本が多数。山崎 透, 野口 基之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またUnityで作るiPhone/Androidアプリ入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました