【Unity】 iOS 向けのアプリをビルドする

iPhone

今回はUnityで開発したアプリを iOS 向けにビルドする手順について説明します。これまでの記事でAndroid向けに書いていたアプリをGitでMacと共有して、MacにUnity環境を整えました。今回はその続きになります。前の記事はこちらから。

Goal

UnityでiOS向けのビルドが成功すること




Platformを切り替える

AndroidのPlatformに設定してある環境をMacのUnityでそのまま開くとPlatformはPC,Mac,Linuxに切り替わっています。Switch Platform iOSに切り替えてみます。

ところが、インストールしたはずのiOS Build Supportが見えません。

No iOS module loaded.
Install with Unity Hub

と表示されてしまいます。これは、Unity.Appの格納フォルダが
 /Applications/Unity/Unity.app
ではなく、
 /Applications/Unity/Hub/Editor/2019.4.3f1/Unity.app
となっているからのようです。

Unity Hubモジュールをインストールする際、Unity.appを見に行くのですが、期待する場所にないので、エラーとなり、正常にインストールできないようです。

対策としてはUnity.appを/Applications/Unity/直下にコピーしてやればよいです。コピーでなく移動させてしまうと、今度はUnity Hubからプロジェクトが起動できなくなってしまうので注意してください。

インストールが完了すると、無事Switch Platformが成功しました。ただ、XcodeがないのでWarningが出ています。

Xcodeのインストール

XcodeをStoreからインストールします。評価の低さが心配になります。

‎Xcode
‎Xcode includes everything developers need to create great applications for Mac, iPhone, iPad, Apple TV, and Apple Watch. Xcode provides developers a unified wo...

インストールが完了すると、以下のようにビルドできる状態になります。

ビルド

Admobで広告を設定している場合はiOS向けのアプリIDが必要になります。

Buildボタンを押してビルドしてみます。Androidの時はアプリのバイナリが生成されていましたが、iOSではフォルダが生成されます。フォルダを指定するとビルドが開始されます。

何事もなく、無事完了しました。Build And Runを選択するとXcodeのプロジェクトが自動で起動してきます。

まとめ

MacのUnity環境でiOS向けのアプリが無事ビルドできました。ビルドモジュールをインストールする際は手動でのコピーが必要になるので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました